広告ポリシーを理解してFacebook広告を活用しよう


広告ポリシー

こんにちは、宮野です。

集客に効果を発揮するFacebook広告。でも出稿する広告の画像については細かくルールが設定されていることを知っていますか。ルールを違反していた画像を使用した広告は承認を得ることが出来ず、広告を掲載することが出来ません。せっかくの集客のチャンスを無駄にしてしまうことがないように、改めてFacebookの広告画像のルールを確認しておきましょう。

 

広告画像のテキストが画像全体の20%以内であること

ロゴやスローガンなどを含むテキストが広告全体の20%を超えるものは広告画像として使用することができません。でも全体の20%って感覚だとなかなか図りづらいですよね。その場合に役立つのがFacebookが提供している「グリッドツール」です。このツールでテキストの割合を事前にチェックして20%以下であることを確認できた画像を使用するようにしましょう。

【グリッドツール】
 http://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

ただし、画像の中に写っている実際の商品に掲載されている商品名などのテキストは20%ルールの適用外となります。

20%テキストポリシーが適用されない画像

例:「Red Bull」など商品に掲載されているテキストは20%の対象外
商品名のテキストはOK

20%テキストポリシーが適用される画像

例:「BORN TO FLY」やロゴなど編集によって追加したテキストは20%の対象
追加編集したテキストはNG

 

ブランドや製品とかけはなれた画像やユーザーに悪影響を与える画像ではないこと

画像はあくまでFacebookページの広告宣伝するためのものですので、あまりにも対象となるページや紹介コンテンツとかけ離れた画像は広告画像として承認されません。

また画像がFacebookページやコンテンツとマッチしていたとしても、以下のルールに抵触している画像は承認されません。

・画像に、政治的、性的、その他のトラブルの元となりうる事象をとりあげている
・暴力的な画像やグロテスクな画像などを人にショックを与える恐れがある
・18歳未満の人をターゲットとする場合、その年齢層に対して不適切である
・過度に性的であったり、体の一部に不必要にフォーカスしたりしている
・ビデオ機能を思わせる再生ボタンや閉じるボタン等存在しない機能を描いている
・QRコードを含んでいる
・Facebookのブランドイメージ(ロゴ、アイコン、警告メッセージの図など)を許可なく利用している

下記は広告に使用できる、または出来ない画像の一例です。

広告画像例

 

いかがでしたか。

せっかく広告を出稿するなら目についてほしいと思う気持ちは当然のこと。でも過度な誇張や装飾などで広告の承認がおりなければ、元も子もありません。設定されたルールの範囲を守りつつ、ユーザーに商品やサービスの良さを伝えられる画像を使ってプロモーションを展開していきましょう!


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。