Facebookの乗っ取りを防ぐログイン承認機能を利用しよう


乗っ取りにご注意

こんにちは、宮野です。

今年の春から夏にかけてLINEアカウントの乗っ取りが世間を騒がせていたことは記憶に新しいと思いますが、Facebookも他人事ではありません。LINEの規制が厳しくなった今、悪徳乗っ取り業者がFacebookに流れてきたという話も聞くようになりました。Facebookの乗っ取りを防ぐため、「ログイン承認」機能を有効にしてセキュリティ対策を強化しましょう。

 

ログイン承認機能を有効にする

今回はPC上で設定する方法をご紹介します。

Facebookにログイン後、画面右上の▼をクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックします。
Facebook設定画面を開く

左側から「セキュリティ」をクリックし、右側に表示された一覧の中の「ログイン承認」の右の「編集」をクリックします。
ログイン承認

「使用したことのないブラウザからアカウントにアクセスする際にセキュリティコードを求める」にチェックします。
セキュリティコードチェック

表示された画面の「こちらからスタート」をクリックし、次の「セキュリティコードのバックアップ送信先」は「次へ」をクリックします。
バックアップ送信先

次に表示される画面は、携帯電話番号がFacebookに登録済みかどうかで異なります。

携帯電話番号を登録済みの場合

事前に設定していた携帯電話に送られてきた確認コードを入力します。
確認コード入力

携帯電話番号を登録していない場合

携帯電話番号の設定画面に連絡先となる携帯電話番号を入力して次へ進み、携帯電話に送られてきたコードを入力して「承認」をクリックします。
携帯電話番号設定

どちらのケースも確認コード入力後、「ログイン承認設定が完了しました」画面で「いますぐコード入力を要求」にチェックをつけて「閉じる」をクリックして完了です。
ログイン承認設定完了

 

ログインの時にセキュリティコードを入力する

ログイン承認機能を有効にすると、Facebookを利用するためには必ずログイン承認が求められます。ログイン承認は同じPC上でもそれぞれのブラウザごとに承認が必要です。
例えばInternet Explorerは承認済でChromeが未承認の場合、ChromeからFacebookにログインする際にはログイン承認を行います。

未承認の機器またはブラウザからログインを実行するとセキュリティコードの入力画面が表示されます。セキュリティコードはログイン承認コード、またはコードジェネレーターのコードのいずれかを入力します。
セキュリティコードの入力

セキュリティコードを入手する場合

「セキュリティ」の「ログイン承認」の編集をクリックし、「携帯電話を持っていない時に使用するためのコードを取得」をクリック
セキュリティコード取得

表示されたログイン承認コードのうちの1件のコードをセキュリティコード入力欄に入力します。
セキュリティコード一覧

コードジェネレーターを利用する場合

Facebook承認済みのスマートフォンアプリからコードを取得します。

Facebook画面右下の「その他」から「コードジェネレーター」を選択するとセキュリティコードが表示されます。セキュリティコードは30秒毎に新しいものに変わりますのでご注意ください。
コードジェネレーター

セキュリティコード入力後、今後もこの機器からFacebookを利用する場合は「ブラウザを保存」を選択して「次へ」をクリックします。
セキュリティコード入力完了

設定が完了するとFacebookの画面が表示されます。

 

いかがでしたか。

以前ご紹介した「Facebookアカウント乗っ取り対策に「信頼できる連絡先」を登録しておく」とあわせて設定するとより高いセキュリティ対策がとれそうです。

でも、なによりパスワードの使い回しにはご注意を。

それではまた。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。