【Blender】マグカップの作り方【第2回】


ko10_main

制作担当の小林のようなモノです。

マグカップの作り方02ということで前回の続きから初めて行きたいと思います。

器と取っ手をつける

面を張る

取っ手の接合部の頂点を[Alt + 右クリック]で選択し、移動・回転して器に合わせる。

ko10_img01

器の取っ手と接している面を削除する。

ko10_img02

辺選択で取っ手と器の辺を選択後、[F]で面を張る。

ko10_img03

これでマグカップが完成しました。

ko10_img04

マグカップを滑らかにする

このままではごつごつしているので[モデファイヤ―] > [細分割曲面]を使用してマグカップを滑らかにしましょう。

[細分化]の[ビュー][レンダー]の数値を上げるとそれだけ滑らかになりますが、ポリゴン数がネズミ算式に増えていって終いには落ちてしまうので注意しましょう。

ko10_img05

受け皿にも同じく[細分割曲面]をかけて、ぐっとそれっぽくなりました。

ko10_img06

スプーンを作る

マグカップの断面を作った時と同様スプーンの断面を頂点を押し出しながら作り、次に辺を押し出しや縮小などしてスプーンの形を整える。

[A]で全選択し、[W] > [スムース面]を選択。

ko10_img07

次に[モデファイヤ―] > [ミラー][細分割曲面][厚み付け]を順に追加していきます。[厚み付け]の[厚さ]で好みの厚さに設定しましょう。

ko10_img08

ループカット[Ctlr + R]を使って少し形を整えました。

ko10_img09

形が整え終わったら[オブジェクトモード]で[ミラー]から順番に[適用]していきます。[適用]の順番によっては意図しない結果になってしまうので注意しましょう。

完成したらマグカップの上に移動させてみましょう。
ついでにマグカップとスプーンにそれぞれマテリアルを設定しました。

ko10_img11

銀食器や陶器の光沢による反射などを意識して設定してみましょう。

ko10_img10

ぐぐっとそれっぽくなりました。

今回はここまで、次回はコーヒーを入れる・・・前に光の当て方について考えてみたいと思います。

それではお疲れ様でした。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。