ウェブサイトへの急激なアクセス増加には要注意!


ec5ab08c-2b8d-440a-aa9b-34d2eed06416

こんにちは、宮野です。

つい先日のことです。

DCTのウェブサイトをご覧になった方から「DCTサイトにアクセスすると偽通販サイトが表示されている。不正アクセスされているのでは?」とご連絡をいただきました。すぐに原因となっていたウイルスとデータを削除してクリーンアップ完了・・・と思っていたのですが、数日後にDCTのアクセス状況を確認したところ、異様にDCTサイトへのアクセスが増加していることが判明しました。

そこでGoogle AnalyticsでDCTサイトへのアクセスに使用したキーワードを見てみると、

「ダイソー 色紙」
「甲子園 座席表 2015」
「新羅免税店 東方神起 2015」

などなど、明らかにDCTサイトとは無関係のキーワードによるアクセスが多数。

キーワード

どうやら、ウイルスの一件でウェブサーバーからデータは削除しものの削除データの情報はGoogleに保存されたままだったため、削除済みデータがGoogleの検索結果に表示され多くのアクセスが発生していたようです。

DCTウェブサイトがどんな状況なのかをGoogle Analyticsのウェブマスターツールで確認します。

 

ウェブマスターツールで状況を確認する

ウェブマスターツールの「サイトへのリンク」で外部サイトからDCTサイトへのリンク状況を確認してみました。

ウェブマスターツール

 

リンク数の最も多いリンク元

外部サイトからDCTサイトにリンクを張っているリンク元のドメイン上位五件です。
これらはいずれも日本のサイトではありませんし、DCTサイトへリンクしているドメインが700件以上あり明らかに不自然です。

 

最も多くリンクされているコンテンツ

外部からリンクされているDCTサイトのページアドレスです。
この5件はいずれもウェブサーバーに不正に保存されたもので既に削除済みです。削除前はこれらのアドレスにアクセスすると某通販サイトにリダイレクトするようになっていました。

さて、状況は把握できたので次にGoogleにインデックスされたページ情報の削除と怪しい外部サイトからのリンクをブロックするための依頼を行うことにしました。

 

インデックス情報の削除申請と外部サイトからのリンクの否認

Googleにインデックスされたページ情報の削除申請をする

URLの削除1

無効ページがGoogleにインデックスされ、Googleの検索結果に表示し続ける限り、DCTサイトへの不自然なアクセスは減りません。
インデックス情報の削除依頼は「Googleインデックス」の「URLの削除」から申請します。申請は削除したいアドレスを1件ずつ指定、またはディレクトリ単位で指定します。今回は10,000件以上もの無効アドレスがあるため、無効なディレクトリを指定してそのディレクトリ情報を丸ごと削除するよう申請をしました。申請してから削除までの時間は状況によって変動すると思いますが、今回は約4時間で削除が完了しました。

URLの削除2

DCTサイトへのリンクを無効にする

次にDCTサイトに向けて張られた10,000件以上のリンクを無効にする手続きです。リンクを無効にするには「リンクの否認」から行います。このメニューはウェブマスターツールのメニューの中にはないため、直接URLを指定して画面を開きます。

表示されているサイトの一覧からDCTサイトを選択し「リンクの否認」をクリックします。

リンクの否認1

リンクの否認は慎重に行う必要があるため、再度リンクの否認を実行するかの確認が表示されます。

リンクの否認2

もう一度「リンクの否認」をクリックすると、次はファイルアップロードの画面になります。否認するリンクはテキストファイルで一覧をあらかじめ作成しておきます。このテキストファイルは「ファイル形式は .txt、エンコードは UTF-8 または 7-bit ASCII」と指定があるので気を付けましょう。さて、ファイルを選択したら「送信」をクリックして完了です。

リンクの否認3

Googleによるとアップロードしたリンク情報のアップデートは場合によっては数週間かかるそうですので、気長に待っておいたほうがよさそうです。

さて上記の処置をすべて完了した翌日のアクセス状況グラフをご覧ください。

グラフ

異様に多かったアクセスは収まり依然の状態に戻りました。これで一安心です。

 

いかがでしたか。

Googleで検索してみるとDCTサイト以外にも数多くのウェブサイトが同様の被害を受けているようです。大方のサイトは2月下旬あたりにウイルスを埋め込まれたのではないかと思います。
もし具体的な対策方法がわからない等、自社内での対応が難しい場合は一度DCTにご相談ください。状況を調査させていただいた上で、クリーンアップのお手伝いをさせていただきます。

それではまた。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。