目的にあったFacebook広告を出稿しよう


Megaphone

こんにちは、宮野です。

Facebookの画面には数多くの広告が表示されています。
一見どれも同じような広告に見えますが、実はFacebookには様々な種類の広告があるのをご存じでしたか。Facebook広告はFacebook広告を出稿する時、その広告の目的を選択して作成をすすめていきます。
現時点で出稿できるFacebook広告は下記の9種類です。

(1) ウェブサイトへのアクセスを増やす
(2) ウェブサイトでのコンバージョンを増やす
(3) 投稿を宣伝
(4) Facebookページを宣伝
(5) アプリのインストール数を増やす
(6) アプリのエンゲージメントを増やす
(7) イベントへの参加者を増やす
(8) クーポンの取得を増やす
(9) 動画の再生数を増やす

今回はこの中でも特に需要の高そうな(1)から(4)についてお話しします。

 

(1) ウェブサイトへのアクセスを増やす

ウェブサイトを見て欲しいターゲットユーザーの属性や興味を絞り込んでウェブサイトへ誘導する広告を出稿します。さらにコールトゥアクションボタンを広告に設置し、ユーザーにとって欲しいアクションを促すことができます。

ウェブサイトへのアクセスを増やす

【こんな場合におすすめ】
・ウェブサイトへのアクセスを増やしたい

(2) ウェブサイトでのコンバージョンを増やす

見込顧客のプロフィールに合致するユーザーに対し、商品の購入や資料のダウンロードなどアクションの実行を促す広告を出稿します。(1)と同様にこの広告にもコールトゥアクションボタンを設置できますので、より具体的に行動を促すことが出来ます。広告の画像は(1)と同じように見えますが、コンバージョンピクセルを設置することでFacebook経由のユーザーがどれだけコンバージョンに至ったかをトラッキングします。そのため、この広告を出航する場合はコンバージョンピクセルの作成が必要となりますのでご注意ください。

ウェブサイトでのコンバージョンを増やす

【こんな場合におすすめ】
・ウェブサイトから資料をダウンロードしてもらいたい
・商品を購入のアクションを増やしたい
・ターゲットユーザーを会員登録画面に誘導して会員になってほしい

 

(1)と(2)がFacebook外のウェブサイトへ誘導するのに対し、(3)と(4)はFacebook内のアクションを誘導します。

(3) 投稿を宣伝

Facebookページの投稿を対して広告を出稿し、より多くの「いいね!」、コメント、シェア、写真の表示などのアクションを獲得することが目的です。
先に説明した(1)と(2)と異なり、この広告はFacebook内のアクションを獲得することが目的ですので、コールトゥアクションボタンは設定できません。

Facebook投稿を宣伝する

【こんな場合におすすめ】
・もっと多くの人に投稿を見てもらいたい
・高い反応を獲得している投稿をより多くの人に見てもらいたい

(4) Facebookページを宣伝

こちらも(3)と同様、Facebook内でアクションを獲得するための広告ですが、(3)が投稿に対する広告だったのに対し、こちらはFacebookページそのものを宣伝するものです。

Facebookページを宣伝する

【こんな場合におすすめ】
・Facebookページのファンを増やしたい

 

いかがでしたか。
ひとことで「Facebook広告」と言っても、その種類も期待できる効果も様々。
「広告を出稿する目的はなにか」を考えて、期待する効果にマッチした広告を選択してください。

それではまた。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。