アルノー・メルシエのこと


20150918t00

今年はいつもの年にくらべて秋の訪れが早い気がします。シルバー・ウィーク直前ですが、いかがお過ごしでしょうか?制作の田中です。

今回のブログでは、わたしの好きなWebデザイナーについて書いてみたいと思います。
アルノー・メルシエ(Arnaud Mercier)というデザイナーをご存知でしょうか?Webの初期から活躍したWebデザイナーで4年前の9月、2011年に39歳の若さで亡くなりました。Webデザインの勉強をはじめてから最初に好きになったデザイナーが彼で、常にアルノー・メルシエの仕事を楽しみにしていたので、訃報を聞いたときにはかなりショックでした。

20150918t01
アルノー・メルシエ氏

アルノー・メルシエは、デザイン・スタジオArea17の設立者としても知られていますが、Area17のサイト内には氏の作品と制作物がアーカイブされており、ページにアクセスするだけで簡単に閲覧できます。膨大な量の画像(2000枚以上)が1999年から2011年まで年代順に整理されていて、1999年から順を追って見ていくとWebデザインの変遷を目にしているような気分になります。

Arnaud Mercier Retrospective 1999–2011

彼のデザインの魅力は、大胆さと繊細さが同居していることにあります。大胆な構図や配色を使っていても細部に対する強いこだわりが伝わってきます。ロゴのデザインや印刷物のデザインも手がけていましたが、PCやスマホ等のディスプレイといったデバイスから、どのように見えるかということをかなり意識していた気がして、彼のメインフィールドはWebにあったような気がします。そんな氏の作品が紙ではなくWebで見ることができるのは嬉しいです。

20150918t02
「Journey On」アルノー・メルシエを知った作品。Shockwaveで作成されてました。

20150918t03
「Nike Weather」これで氏のデザインのファンになりました。

20150918t04
「Nove」この繊細な色使いとか憧れました。

20150918t05
ロゴのアイデア・スケッチも見ることできます。

Webデザインの流行をつくるような個人のデザイナーって、そう多くはいないと思うのですが、アルノー・メルシエはそんなデザイナーの一人でした。新しいデザインを見ることができないのは大変残念ですが、アーカイブの充実ぶりからは氏が周りのスタッフからも愛されていたことが伝わってきます。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。