Blenderで人体モデリング【第08回】


人体モデリング08

そろそろスギ花粉の季節でしょうか?
この時期は1にヨーグルト2にヨーグルト34もヨーグルト5もヨーグルトな制作の小林です。

毎年この時期になると思い出す、まだ花粉症の認知度が低かった小学生の頃の窓全開な教室。。。(しかも窓際)
今の学校ってなにか対策とかしてるんですかね?いずれにせよ神経が鋭敏な子供には辛い季節かと思います。

さて前回は髪の作成したので今回は服の作成をしていきます。
裸じゃ寒いからね

服のモデリング方法

体から服にする部分を選択し複製Shift+Dし、別のオブジェクトに分離選択物

分離したオブジェクトを編集モード収縮/膨張Alt+Sで体より少し膨らませる

ko32_img01

オブジェクトを半分削除しモデファイヤーミラーをかけ、
ループカット押し出しなどで調整していく

ko32_img02

上下を作ってこんな感じ、
厚みをつけたい場合はお好みでモデファイヤー厚み付けをかけてもよい

ko32_img03

ハイポリの場合このままでもいいですがローポリや動かしたときに体と服のオブジェクトが重なったり突き抜けたりするのが気になるという方はいっそのこと一つのオブジェクトにまとめてしまうといいかもしれないです。(服に隠れた体のポリゴンは削除してしまう)

ko32_img04

服は出来上がりましたがしわがなくのっぺりして不自然な感じなのでミラーを適用させて今度は服のしわを作っていきます。

服のテクスチャ

服の脇下にシームを付けUV展開、エクスポート

ko32_img05

ここからテクスチャを作成して貼るのですが、ただ貼るだけではのっぺりしたままなので今回はノーマルマップという方法を使ってテクスチャに質感を与える方法をご紹介します。

NVIDIA Texture Tools for Adobe Photoshopのインストール

PhotoShopにNVIDIA Texture Tools for Adobe Photoshopをインストールするため下記URLの「Download」をクリックし自分のOSにあったファイルをダウンロード

https://developer.nvidia.com/nvidia-texture-tools-adobe-photoshop(別窓)

ダウンロードしてきたファイルをインストール
(Email欄は配信情報を受け取る場合に入力するので不要な場合は未記入し、「No, thanks!」を選択して「Next」)

インストール完了後Photoshopを開くと「フィルター」に「NomalMapFilter」が追加されているのを確認します。

ko32_img06

テクスチャの作成

まず普通にテクスチャを作成

ko32_img07

統合レイヤーCtlr+Shift+Alt+Eでレイヤーを一つ作成しフィルターNVIDIA ToolsNormalMapFilterを選択

今回は以下のように設定

ko32_img08

OKを押すとノーマルマップが書き出されるのでJPGで保存

ko32_img09

服のテクスチャはいつも通り読み込み、その下にノーマルマップのテクスチャを設定

ノーマルマップのテクスチャは 影響カラーのチェックを外し、ノーマルにチェックを入れる

ko32_img10

書き出すと光の当たり方や光力に応じて凹凸が出来上がります。

ko32_img11

ポリゴンの凹凸は最低限に抑え、凹凸の表現ができるので大変便利です。
特に木材や石・レンガのような複雑な凹凸、肌のような微細な凹凸など、ポリゴンやテクスチャだけでは再現しきれない部分に適しています。
(ノーマルマップが作成できる環境がないというかたは白黒画像でも一応代用は可能です。)

今回はここまで

髪も服も次回はいよいよボーン(骨)を入れて動かしていきたいと思います。
それではお疲れ様でした。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。