SEO 田村

キーワードとアクセス数の関係


googleanalytics

ごきげんいかがですか?
新米プログラマの田村です。

実はプログラムの勉強がとても難しいので、現実逃避に、趣味でブログやサイトの制作をしています。
最近、やっと月間のアクセス数が5万台に突入したのですが、ここにきてキーワード選定の難しさを再認識いたしました。

そこで今回は、キーワードとアクセス数の関係についてです。

なぜキーワードがアクセスに関係するか

なぜキーワードがアクセス数と関係するかというと、人がサイトにアクセスする経路のほとんどが、検索からのアクセスだからです。
ほとんどの人は、何かを調べる時にGoogleやYAHOO!などの検索サイトにキーワードを入力して、表示されたサイトを見に行きますよね。
ですので、よく検索されるキーワードで、検索結果の上位に表示されることが、アクセス数増加の早道であるというわけなのです。

上位表示の難しさ

よく検索されるキーワードで、検索結果の上位に表示されることが、アクセス数増加の早道だとは言っても、これが非常に困難です。
よく検索されるキーワードというのは、往々にしてライバルも多いので、ライバルに負けない情報量のサイトを作らなければ勝てません。

また、検索数が少なくても、商品やサービスに関係するキーワードも、様々な企業が上位表示をめぐってしのぎを削る戦いをしているので、そこで上位に出すのは中々大変です。
あるサービスについて5000字程度の記事を作成してみましたが、最高4位くらいまででした。
個人ブログが企業のサイトに挑んでそのくらいだったので、まあまあだったとは思うのですが、ライバルの多いキーワードは避けた方が無難だなと思いました。

よく検索されてかつライバルがいないキーワードを探すことが鍵

よく検索されるキーワードは、ライバルが多い場合が多いですが、中には、検索は多いけどライバルはいないキーワードというものが存在します。
マーケティングの世界でブルーオーシャンと呼ばれるようなキーワードですね。

そういうキーワードを見つけるには、頭の中から徹底的にキーワードをひねり出し、それぞれのキーワードに対し、どのくらい検索されているのかを調べ、実際に検索してみてライバルに勝てそうかどうかを確認しなくてはいけません。
非常に地道な作業です。

個人ブログの場合は、アクセス数だけ考えればいいですが、物やサービスを売ろうと思うと、キーワードごとの購買意欲の高さのようなものも考えなくてはいけないので、さらに難易度が上がります。
業務で行う場合は、腕の見せ所でもありますね。

キーワードに対する嗅覚はまだまだ未熟で苦労していますが、ブログを続けるうちに磨かれて、そのうち業務に役立つ日も来ると思います。
まずは、良いキーワードを見つけて自分のブログのアクセスを100万くらいに増やしたいですね。
それでは。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。