【WordPress】プラグインでパスワード認証を設定


20170117t-000

WPサイトの制作をしていると、制作中のサイトをテスト環境にアップしてお客様に確認していただく場合があるかと思います。BASIC認証をかけてアクセス制限をかける方法もありますが、WPプラグインで簡単にパスワードによるアクセス制限をかける方法があるのでご紹介します。

WPにアクセス制限をかけるプラグインもいろいろありますが、今回は、プラグイン「Password Protected」(わかりやすいネーミング!)を使ってパスワード認証をかける方法をご紹介します。

プラグインのインストール

プラグインの新規追加からキーワード「Password Protected」で検索 → 検索結果で「Password Protected」が表示されたら「今すぐインストール」をクリック → 「有効」をクリック

これで「Password Protected」を使えるようになりました。

使い方

「管理画面」メニュ→「設定」→「パスワード保護」
設定画面が表示されるので、各種設定を行います。

「パスワード保護状況」
「有効」をチェックします。

「許可する権限」
アクセス制限を解除した項目をチェックします。例えば、「管理者を許可する」にチェックを入れると、管理者でログインしたユーザーはパスワードを求めらることなく閲覧できます。

「新しいパスワード」
閲覧に必要なパスワードを入力します(確認の為、2回入力)。

入力内容に問題がなければ「更新」を押下します。

20170117t-001

以上で、パスワードによる認証の設定が完了しました。アクセス制限にはBASIC認証をかける方法もありますが、WPサイトの場合ですと、プラグインを使った方法が手軽だと思います。
制作中のWPサイトをお客様に確認して頂く際等にご活用ください。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。