制作 小林

【WordPress】カスタム投稿の階層を指定する方法


Custom Post Type UIで階層を整理

小林です。今回は久しぶりにWordPreeの記事を書いてみようと思います。

WordPressを使っている人ならおそらく名前くらいは聞いたことがあるとっても便利なプラグイン、「Custom Post Type UI」をちょっと便利に使う方法を紹介、自分用メモとして描いていきます。。

このプラグインははじめから使える投稿機能と同様の機能(カスタム投稿)やカテゴリーなどを増やすことのできるプラグインなのですが基本的な使い方はここで説明するまでもなくたくさん他サイトに載っているので割愛。

カスタム投稿を深い階層(ディレクトリ)に配置したい

例えば、「hogehoge」というカスタム投稿を作成した場合、

http://○○○○/hogehoge/

というURLになるかと思います。

ただこれだと階層が深いサイトや、サイト内に別コンテンツを設けたい場合、混同してしまいます。
そこで今回は「shop」というディレクトリに「hogehoge」というカスタム投稿を配置して

http://○○○○/shop/hogehoge/

とする方法を紹介します。

まずカスタム投稿を作ってすぐに「test」記事を投稿した時の画面

URLがそのままの状態/p>

URLが「/hogehoge/test」となっています。

Custom Post Type UIの設定画面SettingsRewriteを「true」、
Custom Rewrite Slugに表示させたいディレクトリ名「shop/hogehoge」を入れます。

Custom Post Type UIの設定変更

設定ができたら保存し先ほどの「http://○○○○/hogehoge/test」のページをリロードしてみると「http://○○○○/shop/hogehoge/test」 に変更されているのがわかります。
(404になる場合はアドレスバーに直接URLを打ってみてください。)

Custom Post Type UIで階層を変更した状態

この機能を使えば複雑な構造でもきれいなディレクトリ表示が可能になりますね。
まだ試していませんがカスタムタクソノミーでも同様の事が出来るみたいです。

他にもまだ触ったことのない項目がいくつかあるのですが他もいろいろできそうですね、機会をみて他の項目を調べてみたいと思います。

それではおつかれさまでした。


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。