その他 田村

ハードディスクがいっぱい!そんなときに試したいゴミファイルの削除方法


hard-disk-1071670_640
 

不要ファイルをこまめに削除してるのに、なぜかハードディスクの使用率はいつも8割を超えている。

そんな経験はないでしょうか?

その原因はもしかすると、パソコンの中にたまったゴミファイルかもしれません。

 

今回は、ハードディクス使用率が増えて来たときに試したい、パソコン内にあるゴミファイルの削除方法についてお伝えいたします。

 

Tempフォルダ、CBSフォルダとは

いくらファイルを削除してもハードディスクの使用量が減らない場合、Tempフォルダ、CBSフォルダのファイルを削除してみましょう。

Tempフォルダは、一時的に生成されたファイルが格納されているフォルダ。CBSフォルダは、更新プログラムの適用や機能の追加と削除実行時にのログなどが保存されているフォルダです。

どちらも勝手にファイルがたまっていくフォルダなので、定期的に確認しないと、知らない間にハードディスク容量が肥大化していくことになります。

 

ディスクすっきり!Tempフォルダ、CBSフォルダのお掃除!

Tempフォルダ、CBSフォルダのファイルを削除する前に、バックアップと復元のメニューからシステムのバックアップを作成しておきましょう。作っておくと、万一のときにシステムを復元できて安心です。

また、ファイルの削除に不安がある場合は、削除ではなく、別のハードディスクにファイルを移動させるようにしましょう。

 

Tempフォルダ内ファイルの削除

2017-05-09_1533
 

Tempフォルダの中にあるファイルを削除するには、コンピューターからCドライブを開き、「Windows」フォルダ内の「Temp」フォルダを開きます。

「Temp」フォルダを開いたら、[Ctrl]キーを押しながら、[A]キーを押して、すべてのファイルを選択して、[Delete]キーを押してファイルを削除します。

 

CBSフォルダ内ファイルの削除

2017-05-09_1433
 

CBSフォルダの中にあるファイルを削除するには、コンピューターからCドライブを開き、「Windows」フォルダ内の「Logs」フォルダ、さらにその中の「CBS」フォルダを開きます。

「CBS」フォルダを開いたら、[Ctrl]キーを押しながら、[A]キーを押して、すべてのファイルを選択して、[Delete]キーを押してファイルを削除します。

 

なかには使用中で削除できないファイルもあるかと思いますが、ほとんどのファイルが削除できるはずです。

 

ハードディスクの空き領域は増えたでしょうか?

長く使っているパソコンほどこういったファイルがたまっているので、ぜひ一度、ゴミファイルがたまっていないかを確認してみてくださいね。

 


PAGE TOP

CONTACT

サービスについてのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせ下さい。